どうやってサプリを選んでいるのでしょう。予想以上に簡単じゃないので細心の注意を払いましょう。

多くのサプリの中にセサミンやコエンザイム等注目されています。しかし、どんな体質の人達にマッチしているのか知っていますか。どう言った構成物がどこに効果を及ぼすか知って、表面に記入してある字だけで決定づけないでください。
続きを読む “どうやってサプリを選んでいるのでしょう。予想以上に簡単じゃないので細心の注意を払いましょう。”

自己処理よりもサロン

ムダ毛は、もともとは自己処理をしていたのですが、体毛が濃くて悩んでいました。肌トラブルもあまりにもが多かったので、あるときから美容外科クリニックや脱毛サロンでの脱毛を考えるようになりました。 続きを読む “自己処理よりもサロン”

添加物の使用目的を知り購入する

私のお弁当作りに欠かせない食材にハムがあります。
続きを読む “添加物の使用目的を知り購入する”

アントシアニンのサプリメントの選び方

試してガッテンでアントシアニンが豊富に含まれているサプリメントが最近話題になっています。とくに目や視力に悩みを抱えている人に人気があります。 続きを読む “アントシアニンのサプリメントの選び方”

夏=BBQの法則を打ち破る回転寿司(北海道旅行の際のヒントに)

初めまして、段々と梅雨が終わりになり夏が始まりますね。暑くなってくるとBBQしながらカニとビール!なんて方多いのではないでしょうか?しかし!しかしです!暑くなるから外でビール!BBQなんて安易な考え方なのです! 続きを読む “夏=BBQの法則を打ち破る回転寿司(北海道旅行の際のヒントに)”

ドトールの「本日のコーヒー」が激ウマです!

ドトールコーヒーへ行くとどうしてもブレンドコーヒーを頼んでしまうことが多いですが、実は「本日のコーヒー」が実に美味しいのです。日替わりでいくらか高くなりますが、クーポンを使えばお安く飲めるので、私は「ハワイコナ」「ブラジル」「コロンビア」などの日は躊躇せずに『本日のコーヒー』を注文します。
続きを読む “ドトールの「本日のコーヒー」が激ウマです!”

健康な人だって肥満になる可能性はある

肥満体型とは、身長に対して体重が多すぎる人のことですが、体重は健康と密接に関わっています。

若い頃は痩せていたけれど、30代になったらウエストが太くなり、メタボになっていたという人もいるようです。健康でいるためには、肥満対策が重要です。いつまでも健康に生きるには、糖尿病や脂肪肝の対策が必要です。

 

肥満の解消が急務だと実感しているのに、なかなか肥満体型から抜け出すことができないでいる人もいます。若いころは痩せていた人ほど、多少食べ過ぎても体型が変わることがないだろうという思い込みがあるようです。しかし、若いころ痩せていたからといって、年をとってから肥満にならないとは言い切れないのです。体重が増加傾向にある人の多くは、自分がどのくらいの食事をしたか理解していません。

しかし、昔から食事への関心が薄かったという人は、年をとって基礎代謝が低下したころに、体重が増加するようになります。食べたいものは食べたいだけ食べるという習慣がついていると、気がつくと肥満体型から抜け出すことができなくなっています。

 

肥満体質を改善するためには、自分はどうして肥満体型になっているのかを、きちんと見極めなければいけません。今まで健康体で生きていた人は、運動不足になった時や、カロリー過多の食事について、考える習慣がありません。

肥満対策には、現在の自分は肥満体型になりかけていないかを常にチェックをして、適正体重を意識することが重要になります。

150711519412_TP_V

カロリーオーバーには注意

肥満体型とは、身長から算出される標準体重を大幅に超えている状態のことであり、健康維持の観点からも痩せる必要がある状態です。

一般的に、人間の体は標準体重に近いほうが、健康状態を保ちやすいですし、病気かかりにくいと言われています。健康状態を把握しておくために、自分の体重が標準体重からどのくらいの位置にあるかを知ることが大事です。

計算で算出された標準体重の数値より、自分の体重が重い場合は、ダイエットして体重を減らすことが必要です、減らすばかりが体重調整ではありません。もし体重が少なすぎるなら、健康的に体重を増やすことも必要です。 続きを読む “カロリーオーバーには注意”

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットを成功させるには、食事療法と並んで、運動の実践が欠かせません。ダイエットに有効な運動には、「有酸素運動」と「筋力トレーニング」があげられます。この両方とも、行なうよう心掛けて下さい。「有酸素運動」と「筋力トレーニング」を1日交代で行なうといいでしょう。なお、運動の前後には、必ず、ストレッチ運動を行なうことも忘れないで下さい。

 

有酸素運動としては、1分で130歩程度の「早足のウォーキング」を30~40分行なうと理想的でしょう。でも、いきなり初めからこのように出来なくても構いません。運動は、「長続きさせる」ことが一番大切ですから、いきなりキツイ運動を始めて、すぐやめてしまうのが、一番いけません。これまで全く運動をしてこなかった人や、この運動メニューがきつい人は、最初は自分の出来る範囲でぼちぼち始めていただいて構いません。徐々にこのメニューを「楽しみながら」こなせるようになれると良いと思います。

 

筋力トレーニングとしては、①:腕立て伏せ、②:スクワット、③:腹筋運動、④:バック・エクステンション、⑤:バックキック、⑥:膝上げ、⑦:カーフ・レイズ、が代表的な運動です。 時間のない方は、①、②、③ だけで十分です。筋力トレーニングを行う場合は、「使っている筋肉を意識する」ことが大切です。また、筋力トレーニングは、正しいフォームで行なわないと、筋肉を効果的に鍛えることができなかったり、筋肉を傷めたりしますので、くれぐれも、正しいフォームを心がけて下さい。

 

筋力トレーニングは、10~15回の連続動作を1セットとし、2~3セット行ないますが、セットとセットの間は、1~2分の休憩を入れます。運動の前後には、必ずストレッチを行なって下さい。ストレッチは、筋肉に対する準備状態を作るとともに、怪我の予防や柔軟性の確保のために、とても大切です。その日にトレーニングする部位の筋肉をじっくり伸ばしてから、トレーニングに取りかかるようにしましょう。 続きを読む “ダイエット成功の秘訣とは?”