リウマチとはどのような病気なのか

リウマチは主に手や足の関節が痛んだり腫れたりする症状で、これは免疫の異常により引き起こされます。

症状が進行すると、軟骨や骨が破壊され動かすことができなくなり、日常生活に大きな制限を受けます。加えて、炎症が関節、場合によっては肺や目など、体全体に広がる可能性もあります。

リウマチ発症初期では、体のだるさ、熱っぽさ、食欲不振などの症状が起き、朝方になると関節の周りなこわばるなどの症状が起きます。

 

それから小さな関節から腫れていき、ひじや手首、足首、肩、ひざ、股関節と、体全体の関節へと腫れが広がっていきます。余談ですが、リウマチ熱という病気を関節リウマチと同じよう病気だと勘違いしている人がいますが違います。

これは最近の感染が溶連菌によって引き起こされる病気です。リウマチの原因とされているものには、過労、感染、ストレスなどがあります。

 

時に家族の中で何人か発症することがありますが、リウマチには親から子へ遺伝するようなそれほど強い遺伝性はないと言われています。

 

リウマチの治療で悩んでいるならカイカン